『二口女 ふたくちおんな』


昔の農家は働き口として嫁を迎えたそうです。

嫁に飯を出すのが惜しいと食事をわずかしか

出していなかったところ、二口女に化けた

と言うこと。

世の男性の皆様、釣った魚にエサをやらないと、

奥様が二口女になるかもしれませんよ。

doupochi_tangnopochi_daibingno_yi_lan.html

『野菜男 やさいおとこ』


日本には八百万の神がいます。

自然のもの全てには神が宿るという考えです。

野菜男達は、野菜の神様が粗末にされ

勿体無いお化けとして化けた妖怪です。

この飽食の時代、一番身近な妖怪なのかも

しれません。ご用心を

『猫又 ねこまた』・・・猫が年を経て尻尾が二股に分かれた妖怪。通常は普通の猫のふりをしていますが、人間に化けたりもします。長年人の側にいれば習わなくても人語を話せるようになります。

お宅の猫ちゃんは夜中猫又に変身していませんか?

『あかなめ』


風呂の水垢が溜まったところから生じた、金時あたまの童子妖怪。木製の風呂桶に付いた垢が好物なので、あかなめが現れぬように江戸時代の人は風呂掃除に励んだそうです。

しかし、バスタブに変わってしまった現代、絶滅危惧種の妖怪なのかもしれません。

『からかさ小僧』


一本足で飛び回る、唐傘の妖怪。

人間を驚かすのが好きで、日本各地の

お化け屋敷に出没。

この夏、お化け屋敷でからかさ小僧を

探してみてはいかがですか?

doupochi_tangnopochi_daiyi_dou_er_sheng_wu_he.html
doupochi_tangnopochi_daida_ruri.html
mei_rong_shimamepochido.html
doupochi_tangnopochi_daibingno_yi_lan.html
mamepochido.html
doupochi_tangde_tuo_zhirase.html