背丈が一寸ほどの主人公が、お椀の船で都へ行き、針の剣で鬼を退治。打ち出の小槌で立派な若者になり、公家の姫と結婚しました。

室町時代の御伽草子(おとぎぞうし)から。

doupochi_tangnopochi_daibingno_yi_lan.html
doupochi_tangnopochi_daifu_zhu.html
doupochi_tangnopochi_daitao_tai_lang.html
mei_rong_shimamepochido.html
doupochi_tangnopochi_daibingno_yi_lan.html
mamepochido.html
doupochi_tangde_tuo_zhirase.html